大原道夫さん(87)夫妻殺傷事件のPTSD解離容疑者のビリー・ミリガンみたいな場当たり的犯行

容疑者の供述から
実に場当たり的な性格が
伺われます。
★数百万円の借金があり
 ―借金があるからといって
 普通は強盗しませんよね。
★家族には仕事に出ると言って
出かけ
 ―以下
 ビリー・ミリガンみたいにも
 読めます。
 この段階では
 単になんとかしようと
 考えていただけかもしれません。
★「金持ちが住んでいる
イメージがあった」ので
 ―イメージ(主観)先行
  歩いているうちに
 思いついたんでしょうね。
 
★「田園調布にしようと思ったが
 遠いから目黒を狙い」
 ―どこまでも自己都合優先
★「たまたま目に付いた
 その家に入り」
 ―場当たり的行動1
★「抵抗されたので刺した」
 ―場当たり的行動2
借金を重く受け止める
能力のなさが
強盗にまで
本人を駆り立ててしまうのは
怖いことです。
やはり
トラウマの否認は
いけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です