目黒殺傷事件【矛盾】と【不自然さ】に困惑する捜査とPTSD解離人格による【父親殺し】

$PTSD研究家翠雨の日記
あと
【不自然】という文字も
躍ってました。
PTSDと
【解離】なしには
読み解けない
のですニコニコ
 ―しかし
 「おかしなヤツ!」で片付けず
 なぜだろうと
 考え出したのは進展ですね。
数日前に
自宅近くで
凶器を購入していますから
【計画的】であり
本人も【金目的】
言っているのですが
 ―確かに借金などは
  あったようですが
  借金と犯行が結びつくには
  もう少し説明が要りますね。
犯行当日
★「たまたま目に付いた家に
 侵入した」
「初めてきた」と言ってますが
  ―これは
  場当たり的な【解離】人格らしい
  言動です。
 
 直前にも
 目撃されており       ←解離性健忘
 しかも日課の買い物を知って
 待ち伏せたフシが
 あるようです。        ←別人格みたいですね
不可解なのは
★「金を出せ」と聞いた人が   ←決まり文句でしょ?
 おらず
★死亡した男性にのみ
 執拗な強い攻撃性を
向けていることです。
 ―金目的ではなく
 被害者を殺すことが
 目的に変化
しています。
 場当たり的といえば場当たり的
 無計画ですが…
私が思うにはひらめき電球
★借金苦のストレスから
★人格が【解離】し
★目黒は高級住宅地という
漠然とした予備知識のままに
操られ          ←頭お留守ですからあせる
 
父親くらいの
年代の被害男性の
落ち着いた暮らしぶりを見て
トラウマでも
再燃した
のではないでしょうか?
借金苦になった原因も
おそらく
そのトラウマでありますが
なんせ
子どもの頃の無意識の記憶で
意識化されていません。
そのもやもやが
だんだん意識化され始めたのが
被害男性に出会ったときだったのでは
ないでしょうか。
$PTSD研究家翠雨の日記
本当にすべきだったのは
実の父親とのあいだにある
記憶の書き換えでした。
 ―よく似た人に
 【投影】が起こります。
 受容的なやさしそうな人にも
 起こりがちです。
 しかし仲良くするのではなく
 殺害するのです。
【父親殺し】は
永遠のテーマ
です。
 ―本当に殺してはいけません。
  【象徴】としての力を
  無力化するのです。
トラウマとは
本当に恐ろしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。