茨城女子大生遺棄致死事件「心理的支配下」にあり釈放された姉らのPTSD

大学三年生が
姉ら3人から
ストレスのはけ口にされ
手錠による監禁の上で
食べ物もろくに与えられず
暴行されつづけ
敗血症ショックで死亡した事件で
主犯の
無職男性(23)が起訴され
22歳の姉と
43歳の女性は
「心理的支配下」にあったことを
認められ
釈放されました。

 ―オウム事件での
 信者らみたいな
 問題ですね。
ならば
【PTSD】の治療が
必要ですネ。
 ―目の前で
 凄惨なDVを見せられ
 自分も
 加担していたと
 本当に理解できたとき
 罪悪感や後悔
 自責の念や不安など
 複雑でたいへんなショックを受けます。
 また
 「衰弱しているのは知っていたが
  死ぬとは思わなかった」
 ここには
 明らかな【否認】の機制が  
 あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です