東京・目黒区の夫婦殺傷事件容疑者のバラバラな多重人格性

相手が自分と同じ
健常者だという
大前提で
言ってることを
統合して
まとめようとするから
理解できないのでしょうね。
東京・目黒区で
大原道夫さん(当時87)を殺害するなどし
逮捕された
いわき市の自称・無職の木村義昭容疑者(65)は
「韓国・ソウルで
難病のため入院している
娘の
治療費が必要だった
」のが
犯行の動機だと言っているそうです。
★知人からも
この治療費名目で借金をし
★パスポートには
複数回の記録があるようですが
娘2人は
いずれも国内にいる
そうです。
多重人格と言ったら
わかり易いでしょうか。
自分が
PTSDという
難病だと感じているのでしょう。
   ←【投影】
 ―PTSDと知っていれば
 ここまで混乱しないと思います。
 少ないですが
 治癒している人はいますし
 
 治癒した場合は
 より豊かな人生になりますから。
絶望して
人格が【解離】したのだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。