PTSDで人は死ぬと東京地裁が認定

1999年に
東京都世田谷区の
区立中学校の男性教頭
(当時49)が
心筋梗塞で死亡しましたが
教頭の時間外勤務
心筋梗塞を発症するまでの
半年間は
月平均80時間を超え
発症2日前には
男子生徒複数が
一人の男子生徒に
ビルから飛び降りるよう強要する叫び
いじめに対応していました。
東京地裁は
いじめ対応が死亡の原因
認めました。
「いじめの対応を強いられ
心理的負荷が
極めて大きくなった。

 ―戦時中ではないので
 ストレスと言っても
 大丈夫ですよニコニコ
過重な公務に内在する
危険が現実化した」なんて
固い言葉で
説明してますが
PTSDで
 ―ストレス性心身症
人が死亡することが
証明されました。
 ―ストレスは
  まさにうろつきまわる悪魔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です