チンパンジーのPTSD性ウツへのウイスキーセラピー

PTSD研究家翠雨の日記
東京の
動物園の飼育係
吉原耕一郎さんです。
クライエントの
チンパンジーは
今は右の骸骨で
後ろの写真が
在りし日の姿です。
PTSD研究家翠雨の日記
ボスとして
集団をまとめられない
ストレスから
落ち込んだのですから
PTSDです。
うまくやれば
 ―独りでヤケ酒なら
  解離犯罪一直線ですが
  ラポールを介しての
  (自由なこころの交流)
  対話です。
  指示も甘えも
  自慢話もない世界です。
2ヶ月で
自信回復です。
これって
シャーマンの治療ですね。
かつては
地球上どこでもありました。
今も飲み屋街にちょっとだけ
残ってます。
心理療法は
ここから出発し
薬無しで
対応しようとしたのです。
 ―フロイトなんかは
 過渡期で
 コカイン事件起こしてますあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です