犯罪歴情報漏洩疑惑の渦のなかにいたPTSD解離警部の自殺

知人に
警察内の情報を漏洩した
警部補(55)らが
逮捕された事件との関連で
 
参考人として事情を聴かれていた
男性警部(50)が
昨日
苫小牧市内の
高速道路で横転していた
車の近くで
死亡しているのが見つかりました。
 ―自殺する意志があいまいな
 【解離】自殺の典型です。
家を出たまま行方が分からなくなり
不審なメールや電話が
家族にあったので
 ―自殺願望は
 無意識的です。
 意識化して
 現実検討する能力が
 著しく低下していたのです。
警察でも捜していたところでした。
警察官は
犯罪を相手にし
 ―増加する
 解離犯罪への知識がないと
 PTSDになります。
組織の中で動きますから
 ―古い体質もあるようです。
  その中で正義を貫くには
  ある種の哲学が必要です。    
ストレスフルです。
【解離】して
1つめの間違いを犯すリスクは
日常に転がっており
1つ犯すと
芋づる式に
転落してゆく魔境があります。
PTSDは
怖いのです。
しかし
学習することで
悲劇は防止できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です