母親の認知症様行動に困り果てて【解離】し、殺害&自殺未遂した70才PTSD男性

市川市で
無職男性(70)が
霊園で母親の首を絞め
殺害し
その場で
刃物で手首を切り
自殺を図りましたが
軽傷ですみました。
その後
母親の遺体を
車で自宅に運び
妻が110番通報しました。
「母親は認知症だった。
家族に迷惑をかけているので
手にかけた」と
容疑を認めています。
  …
実に
場当たり的な行動が
特徴です。
それだけ
混乱していたのでしょう。
しかし
★車の運転をし
★母親の問題行動に
悩んでいたからだと
しっかり言語化できています。
 ―基本は
 我々とかわらないのですが
 時々【解離】し
 とんでもないことを
 してしまうのです。
重すぎるストレスで
【解離】したのですから
 ―殺人と自殺は
 現実検討能力の欠如からです。
 常識を解離しています。
PTSDです。
こんな理不尽な行動を
してしまった
(させられてしまった)ことは
どう考えてよいか
わからないでしょう。   ←さらなるストレス
PTSDは
今後さらに
複雑化してゆくと
予測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です