流産PTSD悲しみの箱庭

$PTSD研究家翠雨の日記
箱庭は
臨床心理学など
まだ誰も知らず
ユング研究所など
ない時代から
日本にあり
普通の大人や子どもの
こころのケアをしてきました。
いろんなスタイルがあります。
 ―盆栽や碁石ならべもそうです。
写真のものは
一般の人のイメージにある
箱庭ではないかも
知れませんが
意味は充分あります。
自力で
セルフと向き合い
悲しみを癒しておられるのです。
 ―サイコセラピーを受けられるのは
 ごく一部の限られた人たちだけです。
 (めぐり合いは偶然みたいなもの)
 皇室の方々でさえ
 いい加減な薬物療法のみで
 地獄の苦しみです。
内容的にも
★白黒ベースやきりん
 ―陰陽五行説
★花やキャンドル
 
 ―仏教イメージ
★食べ物
 ―こころは食から
自己治癒力が
作動し始めています。
専門家は
この【象徴】を否定し
発達障害研究ばかりしてますがね。
苦しむ人の無意識の方が
PTSDをよく理解してます。
 ―ただし無意識です。
 意識はそうでもないのが
 難しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です