奇祭岡山の西大寺会陽は陰陽五行説流集団心理療法


この迫力は
インドネシアの
「ケチャ」ダンスどころでは
ありません。
日本のお祭りは
だいたいが
【奇祭】です。
会陽は
陽に会う。
陽は太陽の陽でもあります。
 ―世界中に太陽神信仰は  
 (だってなかったらどうなります?)
 ありますが
 日本のかみさまも
 アマテラスという
 女神です。
アマテラスが
閉じこもったとき
世の中が真っ暗になりますが
神々が集まり   ←神といっても人間
智恵を絞り
踊りに     ←教育上よくないですがあせる
笑いのどよめきが
起ったとき
アマテラスは
『えっ?
私がいなくても
みんな楽しそう…』と
不安になり
そっと戸を少し開けます。
神々は
すかざずこじ開け
アマテラスを
外に出しました。
『古事記』は
陰陽五行説で書かれたものですが
この部分のエッセンスが
異熟したお祭りだと
思います。
面白いのは
こんな凄い競争率で
トップに立っても
その恩恵は一年です。
 ―西洋なら永遠に幸福でしょう。
日本人は
努力の上に努力です叫び
『なんだこりゃーあせる』というような
奇祭に参加しながら
魂を鼓舞する
集団心理療法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。