未成年へのわいせつで逮捕されたPTSD解離巡査

未成年と知りながら
女子中学生に
わいせつな行為をしたとして
地域課巡査長(27)が
逮捕されました。
似たような事件が続きます。
★非日常
 ―非番でした。
 
 緊張と緩和のバランスが大事ですが
 ①非番
 ②特別な仕事での遠出
 ③勤務後の同僚等との飲酒
 これらが危険地帯です。
 PTSDでなければ
 恐れる必要はありません。
★情報サイト
県警の対応も
謝罪し
再発防止に全力を尽くすと言うのが
お約束ですが
具体的対応策を
持ってないのが実情です。
何をどうすればよいのか
さっぱりわからないのですが
こう言わされるのです。
 ―わからないものは
 わからないと言うことが
 大事ですがね。
 家庭でも
 学校でも
 そこからキレる(解離する)人が
 多いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。