臨床心理学論文で敢えてPTSDと書く時代

基本は
診断という
発想がそもそもなく
 ―好みの問題ではなく
診断してはいけないのですダウン 
$PTSD研究家翠雨の日記
かつても
ヒステリーが多く       ←PTSD
弊害の方が大きかったからです。
 ―なりきり型ってありますよね。
保険点数とか関係ないので
必要もない。
やり方は【傾聴】という
バカチョン
 ―バカでもチョンでもできそうで
 案外できてない。           ←上から目線が増加中目
 本当のバカになれる人
 あんまりいないからあせる
しかし
誤診の時代を打破するには
論点を明らかにする必要が
出てきたのです。
例外中の例外を強調しながら
抄録作成中です。
 ―今年も
 まだタブーを冒す人は
 ないと思います。
 ちょっと過激にとられることを
 覚悟して書くのです。
学会はまだそんな調子ですニコニコ
 ―いいような悪いような
 複雑な気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。