高齢者虐待看護婦への判決懲役10年はストレス発散法の勘違いから

寝たきりの
高齢入院患者男女6人の
肋骨を折ったり
目をボールペンで突いたりした
兵庫県の
佐用共立病院の
元看護師(27)の判決は
懲役10年
(求刑懲役12年)でした。
上司に叱られるなどして
不満を抱き

十分な意思疎通ができない
患者を
いら立ち解消の道具にした」 ←小児虐待も同じ
「なかなか仕事での評価が得られなかった。
『看護師としてこうありたい』という
理想とのギャップがあり
いらいらしていた」と
述べていました。
叱られたときに
 ―自分が悪いにしろ
  相手が悪いにしろ
現実と感情を
しっかり受け止めることが
大事で
その作業なしに
現実も
 ―不満を発散させる。
理想なんて
永遠の課題までも
一気になんとかしようとするには
 ―幻想の解決ですが…
【解離】しかなかったのでしょう。
仮に
PTSDであったとしても
ストレスマネジメントさえ
すれば
悲劇だけは避けられるのです。
ストレスをバカにしては
いけません。
 ― 一円を笑うものは一円に泣く
   ストレスを笑うものは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。