致死量の覚せい剤で女性を死亡させ逃亡のPTSD解離組員逮捕

千葉市のホテルで
昨年12月16日
住所・職業不詳の女性(39)の
遺体が見つかった事件で
住吉会系暴力団員(46)が
逮捕されました。
事件当日
男からフロントに
救急車を呼んでもらいたい」と
電話があったが
救急隊が駆けつけたときには
男は逃走
遺体から
致死量相当の覚醒剤が検出され
両腕にも
注射の痕が数カ所残っていました。
 ―注射器が落ちてなかったので
  逮捕が遅れたそうです。
 
  やけに多い精神科クリニックに
  製薬会社の存在
  自殺者の数
  場当たり的解離頭で考えると
  見落としますねひらめき電球 
精神科治療薬にも
★覚せい剤成分を
 含有したものがあり
★量をあやまると
 死亡します。
量をあやまった精神科医は
★実際に
 (あるいは)
★思考内部で
【解離性遁走】を行います。
 ―平たく言うと
 逃げます走る人
「知らない」
「合意の上だった」
「無関係だ」とかの
【否認】の手口も
そうかわりません。
ものごとには
【元型】があります。
 ―それに気づかせないために
  ユング派は
 ユング理論を否定しだしたのかメモ本メモ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です