日本ユング派代表による【発達障害】の箱庭療法の彼岸

箱庭療法学会の
ワークショップの案内が来てました。
 ―会員でなくても
 参加できます。
京大の
発達障害の箱庭研究家も2人
講師に選ばれています。
 ―ユング派でもある。
 これが不思議ニコニコ

昨年は
二人とも
発達障害について

雄弁に語ってたと
思いますが
 ―なんせ
 本屋さんや薬屋さんを巻き込んでの
 発達障害狂死曲ブームでしたから叫び
 
今年は
二手に分かれました。
★発達障害の箱庭療法の彼岸
$PTSD研究家翠雨の日記
「そのような発達障害」はPTSDだと
悟るのは(認めるのは)
いつにしますか?
そのときは
センセイが
彼岸に行かねばなりませんね。  ←投影丸出し!
(象徴的な意味でですよ)
★イメージへの内在的アプローチ  
$PTSD研究家翠雨の日記
『発達障害研究は
やーめた!』
それはいいとして
 ―誠実な人なら
 ひとこと弁明があって
 しかるべきでしょうがしょぼん
発達障害には
象徴がみられないなんて
言ってたセンセイが
なんで
いきなり【限界】を語るのですか?
そんなに限界にしたいのですか?
かつて
メスメルって内科医も    
凄いブームで持ち上げられ
イカサマ師のレッテルを貼られて

パリを去りました。
 ―このあと精神分析が
 流行しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です