ドリフ大爆笑!!芸能生活50年加藤茶に憑依したPTSD哲学

$PTSD研究家翠雨の日記
芸能生活50周年だそうです。
新聞の
番組案内を読んで
ビックリ叫び
時代の空気を
読んでたんですね。
 ―おそるべしあせる
★重病患者の病室で
 鼻歌歌う陽気な看護婦
 ―ただの不謹慎なら
 加藤茶は子どもたちから
 慕われませんね。
 極度のストレスに対応した
 人間の
 躁的防衛
 教えています。
 『世の中には
 こういうことがあるんだよ…』と伝える
 優しさがあります。
 
★客の飲み残しビールを
 水筒に集める流しのギタリスト
 ―の抜けた精神科医療
 感情の垂れ流し社会への
 風刺
★結婚式で暴れる酔っ払い
 ―シラフで見てられない
  慣習って
 日本社会には多いです。
 精神科の患者さんは
 特に律儀でお行儀がよかったですね。
 黙って亡くなってゆきました。
 (戦士みたいです)
★松の廊下
 ―能の舞台もそうですが
 あだ討ちなんかも
 ここで起りますね。
 松は陰陽五行説の【太極】です。
★剣の修行
 ―スサノヲもアリエッティも
 自分の剣を手に入れるところから
 スタートします。
$PTSD研究家翠雨の日記
★髭ダンス
 ―ポーカー・フェイスですかね。
 自覚してるならよいのですが
 無意識での否認は
 PTSDへの
 パスポートですね。
 髭ダンスしながら
 奇想天外なことするのが
 解離犯罪です。
★「ちょっとだけよ」
 ― 一寸のことですね。
   精神分析の指摘では
   日本人の「ちょっと…」は
  「非常に困る」です。
  一寸の虫にも五分の魂
  (半分たましい)
  一寸先は闇です。
ちょっとしか見ない
父兄会からは
大バッシングでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です