PTSDを複雑化難治化させる【聴く耳もたず他人任せ】タイプ

PTSDになるきっかけは
本人の責任でないことが
ほとんどです。
しかし
難治化させるのは
本人の責任です。
ここは区別して
考える必要があります。
(区別できず)
魔境に陥る素因は
いろいろあるのですが
薬害に気づいた
PTSDの方々のブログを読んでいて
目立つのは
【聴く耳持たず&他人任せタイプ】です。
例えば
医師も
薬局も
「どうですか?」って
質問してます。
これに対して
「何の事聞いているのか不明」
「どうせ治ってないし!」と
無視したりして        
軽んじるタイプです。
 ―治療は共同作業であり
 責任は間にあります。
 少し前までは難しかったですが
 治療者を変えることもできるのですから
 今は責任は本人寄りですひらめき電球
失礼を通り越して
無責任です。
重度の薬物依存に
陥ってしまっているなら
まだしも
「PTSDです!」と気づき
鈍感な医療人を蔑みながら
主張する
自我機能が温存されているなら
それは
完璧にその人の
自己責任だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。