ドイツのフランクフルト空港でコソボ出身PTSD解離人格による発砲事件

米軍のバス内で
男が発砲し
2人が死亡
2人が負傷しました。
男は
コソボ出身の21歳
 ―2008年2月に
 セルビアから独立した国ですね。
戦争はいけません。
いつまでも
PTSDの負の連鎖を
起こし続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。