恨みがつのってクリニックにPTSD性解離放火

大阪の「大森クリニック」で
無職男性(51)が
診療室に
油のようなものをまき
ハンカチに火を付けて投げ入れて
現行犯逮捕されましたが
透析患者患者ら
約50人が
避難
する騒ぎに
なりました。
「過去に
訪問看護業をしていた際
大森クリニックと契約して
人材を派遣していた。
恨みがあった」と
供述しているそうです。
恨みなど
人間世界には
蔓延してますが
解離犯罪を起すのは
やはりPTSDだからでしょう。
未治療のPTSDは
自分の感情で
キレたら
何をするかわかりません。
社会ぐるみの
PTSD予防と学習が必要な
世の中になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です