古事記のヒルコの仏教的ユング心理学的意味

古事記に
ヒルコっていうのが
います。
水蛭子と書きます。
学者センセイは
 ―三浦佑之ら
タブーを冒したから
生きられなかったとか
言われますが

 
私は真逆ではないかと
思います。
 ―自己実現しようとすることが
 集合にとってのタブーです。
古事記は
陰陽五行説の
参考書みたいな存在ですから
 ―教科書は『易経』とか
 このブログは漫画参考書であせる
こころが
★どう形成され
★どう傷つき
★どう癒されるか

その永遠性を
著したものです。
イザナミ・イザナキ
(陰陽・波と凪だから)が
正しく関れば
可能性(子ども)が生まれるし
 ―ここを変に
 恋愛に限定して読むと
 間違うのは
 精神分析と同じ
法則に反したら
集合的無意識
(水)に
飲み込まれてゆくことの
たとえだと
思います。
 ―神話もお経も
 たとえ話です。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティと翔も
正しく出会いましたが
仕事が終われば
アリエッティは
無意識のなかに帰ってゆきます。
$PTSD研究家翠雨の日記
【象徴】として
輝いているときは
 ―このときのポニョは
  宗介に支えられています。
水の上を走るのです。
これは
道元が
【海印三昧】と言っている
無意識の自己実現の法則ですニコニコ
ヒルコは凡夫でしょう。
 ―だから凡夫の学者に
 人気があるのです。
 
 スサノヲとかかぐや姫は
 酷評されてます。
 わがままのほかに
 ちやほやされたいという意味もあるとかあせる
 昨日教えてもらいました。
 大笑いですニコニコ
ヒルは昼でもあるでしょう。
無意識の物語ですから
昼夜逆転です。
 ―PTSDの症状にも
  ありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。