熊本女児遺棄容疑の大学生は重篤PTSD解離人格

容疑者(20)は
なんと
社会福祉学部福祉環境学科の2年生叫び
水俣病の現状などをテーマにした
フィールドワークに出席
「障害のある学生の手伝いをしたい」など
学内の
ボランティア制度への申し込みも
しています。
 ―水俣にショックを受けた可能性は
 ありますね。
 その前にもトラウマがあったかも
 しれませんが。
問題行動などの記録はなく
「近所の人も
「事件を起こすようには見えなかった」と驚き
娘さんが小中学校が同じだった母親は
「事件のことを聞き
びっくりして震えが止まらなかった」と
話していますし
高校では
生徒会活動をするほど
活発で
大学は推薦入学です。
1年生の11月中頃から
欠席が続いて
このころから
PTSDが活発化していたのでしょうね。
 ―薬害の可能性も
 あるでしょうね。
 短期間ですから。
逮捕後の映像は
完璧にキレてます。
事の重大さをまるで感じていない
表情ですし
犯行は実に短期間に短絡的に
実行されています。
常識的には
意味不明です。
 ―不起訴もあるかも
  しれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です