『統合失調症はどこから来てどこへ行くのか』科学的処置から宗教文化的理解への回帰

$PTSD研究家翠雨の日記
人間のこころを
扱ってきたのは
長らく
哲学や宗教、シャーマニズムでしたが
近代になって
全く異質な
科学というものが
担うようになり
そこに生まれたのが
統合失調症の概念です。
 ―今思えば
 ここにブラックボックスがあるのですひらめき電球
この本は
宗教・文化から
病理を分析

新たな視点からの検討を行おうと
したもののようですが
新しい発想では
ないです。
$PTSD研究家翠雨の日記
ユング心理学に
還ってゆくかな?
てんかんや統合失調症と言われた
ユングは
絵を描いて
自己治癒しましたからね。   ←『赤の書』
 ―出版に貢献した
 ユング派がその象徴性を否定して
 発達障害研究に走ったのは
 この世界の七不思議
 (七光りで目がくらんだかあせる
なるほど
茂木健一郎もキレるわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です