都立高校教師キレて校長に暴行の背景にPTSDの問題

東京都立高校で
校長(57)に
玄関や
職員室前の廊下で
頭を腕で絞めつけて殴ったり
パイプ椅子を投げ付けたりして叫び
手や頭に
約2カ月の重傷を負わせた
元教諭の男(48)が
逮捕されました。
進路指導などを担当していましたが
★自分の評価が低かったことや
★処遇で
★校長に不満を持っていた
ようです。
キレたんですね。
進路指導は大変です。
生徒の人生がかかってますから。
加えてPTSD問題を抱えた生徒も
多いでしょう。
 ―入試投稿事件がそれを証明しています。
 普通に見える
 一人の受験生の背後に
 大変な問題がある
のが
 現状です。
$PTSD研究家翠雨の日記
一生懸命取り組んでいたのだろうと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。