PTSD解離教育者の不祥事が止まらない長崎県の教育長引責辞任へ

長崎県教育長(63)は
相次ぐ教職員による
不祥事の責任を取って
今年度末で
教育長を辞任する考えを
明らかにしました。
管理責任が
ここまで厳しく問われたのは
初めてのことだそうです。
気の毒ですね。
でも
(PTSDを不問にしたままでは)
対策がないのですから
禅問答のような
難解な問題に
日々さらされるのも
ストレスであり
辞任には
PTSD予防の意味が
あるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です