未曾有のPTSD学習期間「象徴は生きている」

昨日より
報道時間が
長くなっています。
$PTSD研究家翠雨の日記
新聞でも
被災地の写真は
戦場みたいです。
 ―無事だと確認して
 涙が出たり
 ご近所の人に
 再会して
 抱き合って喜んだり
被災した
古いおうちでは
歴代のご先祖さまの
写真が桟に掲げてあったり
遠く離れていても
同じ日本人として
誰もが痛みとともに
いろんなことを深く
感じているのではないでしょうか。
$PTSD研究家翠雨の日記
本来は
集合的無意識の
感官の奥底に眠っている
【象徴】が
日本を蔽っています。

変われると思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
戦闘的に借り(狩り)をし
(国家的無意識)
アリエッティに教え伝えるお父さんと
(家族的無意識)
傷ついたお父さんを助ける
原始人みたいなスピラー
(人間の祖先の無意識)   
$PTSD研究家翠雨の日記
(象徴アリエッティは滅ぶと言ってます)
PTSDから
頭でっかちになり
希望を失った  ←傲慢が一番重篤ひらめき電球
主人公は
アリエッティに出会い
癒され
勇気を手に入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です