PTSD解離性放言の石原慎太郎知事も「天罰発言」撤回で信頼回復目指す

記者会見で
東日本大震災に関し
「津波は天罰」と発言したことについて
「被災者の皆さま
★都民、国民を深く傷つけた」と
述べ
★発言を撤回し
★「深くおわびします」と
陳謝しました。
PTSDで
解離性放言をすることは
世にあふれています。
 ―頭がお留守になり
 そこをいろんな人格が
 占領するのですからひらめき電球
悪いのは
×言いっぱなし
×開き直り

必要なのは
○間違いを認め
○訂正し
○こころから謝罪すること

コレなしに
 ―【否認】が起っています。
信頼は回復せず
自らのPTSD克服も
停滞するでしょう。
東日本大震災は
石原都知事の放言癖さえ
治療しています。
考えてみれば
あのトンデモ発言は
【投影】だったのですね。
 ―自らが我執のかたまり
しかし
公的に誤りを認めたのは
立派だと思います。
 ―生半可な
 未治療PTSDでは
 こうはいきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です