中井久夫先生による災害直後のPTSD予防

阪神淡路大震災で
活躍された方です。
 ―臨床心理学に
 多大な貢献をされています。
 詩人のような感性で
 統合失調症の発症から寛解まで
 当事者の内側から細かく
 言葉にされた著作があります。
センセイの言葉は
控えめですが
私の言葉で書きましたダウン
  ―文責は翠雨
 
NGダメなこと
★お調子もの   
 経験者だからって
 万能だと考えて
 上から目線で目
 動かない。
 それよりは
 わからないという立場の方が
 信頼できる。

★アンケート
 同じことばかり
 聴かれ
 (しかもその苦労が
 どうも報われておらず)
 断れないつらさ
 ―こういうのから
  守ってあげるのは◎
★忘却
  危機になります。
  「忘れなさい」など
  論外です。
  (震災前に暴れて逮捕された
  レスラーも論外)
アメーバ大事なこと
★こころの支えになる生活支援
 温かいご飯おにぎり
 ゆっくり休める場所学校
★一緒にいること
 
 支援者の存在
 救護活動の様子が
 安心感を与えます。
 遠く離れていても
 TVや新聞で見守っている存在も
 大事でしょう。
 
心の傷が回復する力の尊重
 その力に敬意を払い
 自尊心を尊重すること
しばらくは呆然としていますが
だんだん視野が広がります。
そのとき
★体験を分かち合うこと
  …
食べ物や毛布が
まだ不足しているそうです。
  ―遅いっ!
原子力発電所の問題対応も
いけませんねしょぼん
今の課題はそのあたりですが
体験を分かち合える人になっておくのも
大事ですネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です