震災ショックにより認知症ではなくPTSDだったと判明

岩手の
病院併設の
介護老人保健施設の
入所者は
ほとんど認知症と
いうことになっています。

しかし
みんな反応が敏感であった
ようです。
 ―ストレス耐性が低いのは
 PTSDです。
★地震発生と同時に
 ショックで
 心停止           
★避難中に心停止
  ―心身症反応ですね。
  こころで受け止めきれず
  身体に流れる。
  お経では
  【流注】と書かれてますひらめき電球 
★寝つきが悪くなる
  ―不安を感じやすい。      
★「何でこんなところ
  (避難所)に
 いるの?」
 「これからどうなるだべ」
 次々声があがる。
  ―不安なので
   聞かずにおれない。
★温厚な人が暴れる
  ―PTSDは
  陰陽の病ですから。
   …
状況に敏感で
見当識もあり
未来の心配もできてます。
みな超敏感
(ヒステリー)です。
PTSDだったことが
発覚してしまいました。
情報がないから
パニックになるんですよね。
実に当たり前の反応が
見られます。
ついでに
「なんで認知症って
入院させるんだ?
失礼じゃないか!」って
言い出してくれたらニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です