PTSD解離性放言のメアが東日本大震災の支援で名誉挽回始める

沖縄への
差別的な発言で
米国務省日本部長を
更迭された
ケビン・メア氏は

国務省を
退職する意向を示していましたが
大震災が発生したので

在日米軍や
日本の原子力発電所などへの
詳しい知識を活かし
当面は
日本政府やNGOとの連絡
米政府内の調整などにあたって
震災の対応に力を尽くすことに
なったそうです。
 ―バラバラになりがちな意識を
 つなぎます。
 外界の調整が
 内界の調整につながります。
解離性事件のあと
世の中から消えてしまうよりは
この人の
PTSD治療の予後も
よくなると思います。
責任を持って
現実に対応しながら
考えるのは
よいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です