福島原発50マイル避難勧告にみる米国式危機管理意識とPTSD予防

米政府は
昨日午後
福島原子力発電所の
80キロ圏内にいる  ←正しくは50マイル
米国民に対し
避難を勧告しています。
日本政府が
20キロ圏内を避難
30キロ圏内を屋内退避

対象としていることについて
米大統領報道官は
記者団に対し
日本政府が
国民にそう言ってるのだから

それを尊重するが
★米国で起きたら
こうするだろうから
日本にいる米国民にも
こう言わせてもらうよと
言いました。
米軍はすでに
数日前に
50マイル圏外に
兵士らを退避させていたそうです。
数字の科学的根拠や
どちらが正しいのか
私は知りません。
ただ言えるのは
浮かび上がる
危機管理の考え方についての
明らかな違いです。
スピーディ&スマート
これが日本に欠けているものでしょう。
うつ病誤診や自殺対策についても
同じことが
起っているのですよひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です