被災ショックでなぜ罪悪感に苛まれるのか

$PTSD研究家翠雨の日記
交通事故で
大事な人をなくした人は
言います。
「なぜ?」
そこで
「心不全です」
「出血多量です」
 ―医学部の優等生
 人生の劣等生
そんなこと言われたら
傷つきます。
聞きたいのは
客観的事実ではありません。
そんなこと知ってます。
 ―わざわざ抑圧させようと
 躍起になるのは
 悪魔です。
「なぜ死ななければ
ならないのか」と
聞いているのです。
「答えなんかない」
「考えても無駄だ」なんてのも
悪魔の言葉です。
「わかってどうするんだ?」
悪魔はさらに聞いてきます。
答えてあげましょう。
わかったら
自己治癒するのです。

ユングは言いました。
心理療法の基本は
★ありもしない多幸に導くのではなく ←抗不安薬
★この哲学的忍耐力を養うことです。
哲学には
地域性があり
心のDNAのようなもののなかに
自然治癒力があります。
 ―神のような神経組織を
 経絡と言います。
 ツボがあります。
 こころも身体も陰陽五行説で
 できています。
 キリスト教や
 イスラム教ではありません。
気にしてはいけないとも(陰)
気にしろとも(陽)
言いません。
気になるなら
納得いくまで
考え続けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です