震災ショックと闘う大人と気遣う子どもへのこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
がんばるぞー!!と
自分を鼓舞している人には
がんばって!って
言ってもよいのです。
 ―がんばれ!って言って
 肩を押してほしくて
 言ってますし。
暗いトイレが
怖くてしょうがないのですネ。
歌を歌いながら
恐怖感と闘っています。
 ―無意識的に
 心理学の基礎は
 知っているものです。
それはよいのですが
長引くようなら
強がりすぎて
気力を消耗しているかも
しれないので
観察が重要です。
大人は今必死でがんばっていて
余裕がないので
子どもが大人を
気遣っていたりすることも
多いと思います。
ある程度は大事なことですが
あまり気遣いばかりさせると
子どもの方が
疲れてしまいますから
それは
外部の大人が
フォローしないと
いけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です