福島双葉病院精神科スタッフを守るのはPTSD理論

患者さん放置したまま
スタッフが集団逃亡叫び
理事長雲隠れの叫び
双葉病院ですが
スタッフのしたことは
後で
裁かれるでしょう。
 ―うやむやにはできません。
その際は
今まで否認してきた
PTSD理論が
スタッフを救うと思われます。
大震災被害に加えて
原発被害のど真ん中
(10キロ圏内)にあって
死の恐怖を味わい
★ASD
 (急性ストレス障害)を
 発症し
★パニックになって
★自我(こころのコントロールセンター)が
【解離】しました。
 空っぽになります。
 (虚け・うつ)
★倫理観や良心
 現実検討能力が
 吹き飛ばされて
★気がついたら
 自分たちだけ
 避難していました。
★ニュースで
病院の様子を知り
驚いています。
★罪の意識に苛まれ
 気が変になりそうです。
  ―この場合は
  理由がはっきりしてますから
  精神病薬を飲まないのが
  鉄則です。
世間の皆さんは
そんなこと言うなら
始めから
逃げるなとおっしゃるでしょうが
これが
PTSD性
(ASDもしばらくすると
 PTSDになる)
解離犯罪の実態なのです。
 ―地震前から
  世間で頻発してましたよね。
スタッフは
発達障害や躁うつ病では
ないですよねニコニコ
  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です