原発事故で県外に退避する住民への温かいこころのケアの輪発生中

$PTSD研究家翠雨の日記
秋田県への避難者も
約100人に上っています。
 ―被災者の受け入れは
  県内約570か所で
  約2万4000人
  
  温かい支援の輪が
  広がっています。
ほっと安堵されてはいますが
「目に見えない
放射能に汚染されるかと思うと
とにかく不安で……。
せめて子どもたちだけでも
避難させたい
その一心で逃げてきました」
張り詰めた
極度の緊張状況が
伝わっています。
錯綜する情報のなか
命をかけて
必死で活動する人々への
信頼感も揺らぐほどの
恐怖感
 ―PTSD治療の現場は
 常にそうです。
ギリギリの限界状況のなかで
決断し
行動するのは
大変な精神力です。
最後の力を振り絞り
避難してきた人たちが
温かく癒されますように。
 ―PTSD予防になります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。