命がけで作業する東電社員のストレスと送り出す幹部の究極の孤独へのこころのケアを

過去にない緊急事態で
やむをえないとして
被ばく量の限度を一部
引き上げて対応
しており
  ―これまでの
   緊急時の限度とされてきた
   100ミリシーベルトの基準を  
   超えています。
厚生労働省も
しかたなく
これを認めています。
 ―100ミリシーベルトを
 超えた人について
 再び現場に行かせないことくらいしか
 作業員の放射線管理は
 できていないのです。
文字通り命がけで
作業しておられるのです。
被災地ではこれまで
東電の記者会見は
「はっきり言ってくれない」など
不信感をもたれ
情報錯そうの原因
にもなったようですが
社員にこのような指示を出す前の
苦渋からのストレスのなか
大変な孤独感のなかの
会見であった可能性があります。
このような方々にも
当然
こころのケアが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です