被災地では、ストレスはバカにされず緩和・ケアされている

被災地に
医療チームが
なだれ込んでます。
視線を合わせて
「どうですか?」と言い
相手がほっとされたら
手や足にそっと触れる。
それだけのことで
どれだけの癒しが起こるか
傾聴手当てというものの
意味が
しみじみ伝わってきます。
聴かれる内容も
ストレス
★血圧が上がった
★眠れない
★(トイレが汚いから→我慢して)
 →便秘になった
ストレスでいろんな心身不調が
起ったと
訴えておられます。
 ―ストレスはバカにするものではなく
 緩和・ケアするものです。
48歳の看護師長は
「自分のことを聴いて欲しくて
 話を続ける人もいる。
 
 少しでも
 ストレス緩和になればと思い
 じっと聴くようにしている」
こころのケアが
再び
教科書どおり
適切に行なわれ始めましたよクローバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です