命がけで闘う人々への「処分」という言葉に感応放言した石原都知事

官邸で会談した
石原氏によると
 ―首相に負けないくらいの
 $PTSD研究家翠雨の日記凄かったあせる
  ひどいまばたきでした。
  ストレスにほだされています。
  
福島第1原発での
放水作業について
「東京消防庁の隊員が
長時間連続の放水を強制され
『実施しなければ処分する』と
言われた」と
抗議すると
菅首相は
「陳謝する。大変申し訳ない」と
話したというそうです。
事実関係は
まだあいまいなようですが

命がけで取り組んでいる人に
『処分』などと
言ってはいけないと

強調されています。
解離発言
(放言)が多いのは
困りますが
こういう人は
時代の空気を読んでしまいやすい
ところがあります。
 ―空気ですから
 よいも悪いもないです。
 感じたことそのものが
 真実だと勘違いすると
 悪に成り下がりますがドクロ
 翻訳が必要なのです。
都知事は
命がけで闘っている人たちに対し
こういうものを観てダウン
★職場や学校で
無理難題を押しつけられ
そのストレスに耐えられず
PTSDを発症し
自殺してゆくたくさんの命や  ←イジメ自殺
★震災前から
今も実は続いている
家畜の殺傷処分ショックに
追い討ちをかける
今回の放射能汚染による
動植物の殺傷処分    ←PTSD予防が必要なストレス
感覚的に
深いショックを受けての
発言だったような気がします。
★崖の上のポニョで表現される
【象徴性】も無意識的には
感じたでしょうしね。
$PTSD研究家翠雨の日記
解離発言も
生き物ですから成長しますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です