大阪府議会議長大震災ショックでPTSD解離発言

長田府議は
地元での事務所開きで
 ―ふとこころが緩むんですよね。
 魔境です。
「大阪にとって
天の恵みと言うと
言葉が悪いが
本当に
地震が起こって良かった」と
挨拶しました。

非難の声を受け
とっさに出た言葉は
「旧WTCも
震災で被害を受けたので
知事の主張が間違っていることを
示したかった」
 ―幼児の自己中心性
 アニミズムの世界ですね。
ショックでまた
解離してます。
 ―ストレスに弱いですから
 叱責されると
 ますますおかしなことを
 言うようになります。
そして
「あれは
言うべき言葉ではなかった。
ただ
話の前後のいきさつで
つい出てしまった。
反省しております」
震災のショックを
受けて
解離されたのでしょう。
普通の人は
ショックを受けても
そういうことは言いません。
考え方がおかしいし
石原都知事のニュースも
知ってるわけですから。
 ―その軽はずみな発言が
  どれほど人を傷つけるか
前後のいきさつって
妙な言い回しですね。
過剰防衛で雲に巻こうとした
リオンみたいな
トンデモ論法です。
解離人格特有の
必殺ごまかし術ひらめき電球
究極のストレスの中
何らかの
忍法を身につけてしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です