福岡のライオンは震災のパニックで飼育員を咬んだのかも

動物園で
飼育員(25)が
ライオンに
両手足十数か所を
かまれ
自力でおりから逃げた後
病院に運ばれましたが
2週間のけがです。
心的外傷も
気をつけなければ
なりませんね。
清掃を終え
いったん外に出たあと
作業用の出入り口の施錠を忘れたため
中へ戻って

かまれたようです。
ライオンは
野性なのに
親と離され
狭い檻で
生きており
 ―相当ストレスでしょう。
  猿なら猿恐怖症になります。
  友達がくるとパニックになります。
 
もてあました鋭い勘
微細な揺れを感じて
不安定になっていたかも
しれません。
そういう時は
同一性を好むものです。
 ―変化は不安材料になります。
 自閉症という名のPTSDには
 毎日儀式が必要です。
 ミニカー並べとか
 同じ道から幼稚園に行くとか
 ローソンを指差すとか…。
いつもと違う行動に
驚き余裕をなくしたのでしょう。
知らない動物には
あまりちょっかいをかけないほうが
いいですよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です