元祖【オシオ男】控訴審争点はPTSD解離人格に執行猶予をつけて大丈夫か否か

去年
裁判員裁判で
懲役2年6か月の
実刑判決を言い渡された
元俳優・押尾学被告(32)の
控訴審の初公判が始まり
被告側は
執行猶予のついた判決を求めました。
海老蔵事件のリオン同様
★PTSD解離人格に
 ―これは無意識
自己中心性がプラスされた人の場合
 ―これはほとんど意識
 無意識に翻弄されている自覚がない
 妙な確信犯
 ラスコリー二コフタイプ
何度も
同じ間違いを
繰り返しますからね。
【オシオ男】と
ナンチャッテ専門用語にまで
なった
典型的なPTSDですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です