女優仁科亜季子・仁美母娘ACジャパンのテレビCMについて困惑吐露に学ぶこころのケア

視聴者から
「しつこい」
「内容がこの時期にそぐわない」などの
苦情が相次いだ
ACジャパンですが
お二人も
★CMがこんな風に使われるとは
 想像もしておらず
★どうする事も出来ないわけで
★被災地を思えば複雑な心境で
「悩んでいますし、心が痛みます」と
困惑され
複雑な心境を
吐露
されています。
 ―これが大事だと思いますひらめき電球
いじめにしても
複雑な家庭環境も同じです。
(DVとか虐待家族とか)
①自分の責任でないところで
②誤解され
③加害者のように思われ
④他人に申し訳なく
⑤弁明は誰かを傷つけるような気がします。
結果として
遠慮し
複雑な思いを
心に押し込めて生きているうちに   ←抑圧
感情が麻痺し
知らず知らずのうちに
人生の歯車がきしみだします。

これがPTSDの症状です。
日頃から
ブログでも
子宮頸がんや
乳がん検診の
必要性を訴えておられるんですね。
母親のガン罹患経験から
少しでも力になりたくて
心を込めてしてきた仕事が
このような扱いになると
全否定されたようなショックを受けると
思います。
言うべきことは言う。
  
 ―言うべきでないことは言わない。
当たり前のことをすることが
こころのケア
になります。
難しいことではありませんニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です