2007自宅籠城警察官射殺のDV事件は計画性が認められず無期懲役に

愛知県長久手町で
元暴力団員(54)が
元妻に復縁を断られて
トラブルになり
通報で自宅に駆けつけた
警察官や
長男、次女に発砲して
重傷を負わせ
元妻を人質に籠城
取り囲んだ警察官に発砲し
特殊急襲部隊員の警部(当時23歳)を
射殺した事件で
上告審があり
無期懲役になりました。
「犯行に計画性があったとは言えない」が
死刑判決にならなかった
理由です。
場当たり的であると
認められたわけです。
DVや解離犯罪が
 ―キレやすい性格
PTSDであると認められるのは
もうすぐでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です