大震災ショックでPTSD理論が日本人の腑に落ちる

地震酔いしながら
半ば煽られ辟易しながらも
同調圧力により
露骨に言えず
無用な辛抱もし
あるいは
純粋にこころを痛めながら
 ―このバランスは
 人それぞれですが
日本中が思索しています。
 ―させられている。
講義をしていて思うのは
PTSD理論が
妙に腑に落ちだしたという
現象です。
★PTSDはうつ病ではないこと
★発達障害ブームが
本当にばからしい現象であったこと
★PTSDには
薬物療法や
認知行動療法が無効であること
★普通の人も
PTSDを知らねばならない
時代であること
一気に
あますところなく
理解しています。
★イジメを指摘しても
否認していたような人たちが
急に改心しています。
人間は変わるし
変わるときには
とても変わるもののようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です