ジェームズ・ディーンも幼児性虐待被害者でPTSDに苦しんだ

母親を亡くした後
聖職者による虐待が始まり
そのことで
生涯
苦しんだそうです。
母親を失くすことが
そもそも
子どもにとって
大きな喪失です。
こころにぽっかり穴が開きます。
そこに埋め込まれたのが
★虐待
★しかも性虐待
★聖職者から
受けた混乱を
言葉にすることは
大人でも困難な記憶なのに
その意味を
考え続けねば
生きてゆけません。
  ―考えるな!という
  圧力に耐えながら。
虐待のなかでも
重篤なパターンの1つです。
多くの大人が
子どものときの
虐待の後遺症に
苦しんでいます。
そしてほぼ100%
まちがいなく
世代間連鎖します。
 ―もちろん防止策はあります。
病名は
PTSDです。
予防も根絶も
可能な病です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です