那須御用邸温泉にある究極のPTSD予防(こころのケア)と象徴

那須町湯本にある
那須御用邸で
昨日
震災のため
避難している人たちを
対象にした
入浴施設の開放が始まりましたね。
インタヴュアーの     
うつむいているこどもへの
「どう?疲れ取れた?」の
質問は
まだまだ下手くそだと思うけどニコニコ
 ―PTSDやこころのケアの基本を
 新人の時に学んでおけば
 さらに上手になると思いますひらめき電球
大人の被災者の言葉は
「気持ちいいですね」
「ありがたい」
「被災者であることを
忘れる」

陛下の思し召しからの
こころのケアがうまくゆき
真の癒しがそこにあることを
実感します。
★気持ちは【気】の問題であり
根本的なこころがよい状態にあることを
示します。
 ―気持ちの問題だ!というのは
 それこそが大問題であり

 癒されて正常化するものです。
 ここがしっかりすれば
 あとはうまくいきます。
 
★有り難い
 文字通り
 普通はありえない待遇ですね。
 極限の苦しみのなかの癒しは
 究極の癒しです。
$PTSD研究家翠雨の日記
陰陽超えた
根本にこころが
退行し
深く変化する基礎ができます。
★我を忘れる
 瞑想をするのは
 知らず知らずのうちに
 溜まった心の澱である
 コンプレックスを解消するためです。 
$PTSD研究家翠雨の日記
 被災者というのは
 その人の属性の1つであり

 被災者≠自分 です。
 しかし混乱すると
 自分は
 被災者以外の
 なにものでもないような  ←魔境の入り口
 気がします。
 やり直すとき
 大きく変化するとき
 忘我は必須アイテムなのです。
空っぽになれば
満たされます。
ひらめき電球
 ―原理は宗教哲学や
 このブログにうるさいほど
 書かれています。
★奇をてらわず
★難しいことを言わず
★こころのケアをなさる
日本の【象徴】のありかたです。
 ―無我だから
 象徴がのり移るのです。
 天皇になる儀式のとき
 布団を被るのはそういう
 意味が有ります。
非常時に
象徴と国民が1つになり
日本が大きく変化しています。
 ―ユング派の人たちも
 あれっ?象徴はあるんでは!って
 改心してるかな?
 ならば
 発達障害の研究から撤退してね。
 脳科学者の駄論を論破してね。
象徴は生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。