震災ショックのこころのケアとトキの抱卵の共時性も陰陽五行

佐渡島で
野生繁殖を目指して
放鳥され
営巣したトキのペアの1組が
24日夕方から
卵を温める抱卵行動に
入ったことが
確認されました。
しかし
昨年はペア5組が産卵したものの
いずれもひなは誕生しなかったので
環境省は
「産卵から先に大きなハードルがある」として
慎重に観察を続けています。
  …
震災後に復活した
こころのケアと同じですネ。
みんなで見守りましょうね。
 ―見守りが
 物事を正しい方向に向かわせます。
 ★みんなが無私のこころで見守れば合格
 絶大なパワーになります。
 ☆ヤクザな心ばかりで見守ればドクロ
 日本は無法国家になります。
$PTSD研究家翠雨の日記
トキの放鳥も
天皇家のご公務ですよね。
単なる鳥ではありません。
つがい(番)である陰陽の
番をしましょう。
うまくゆけば
八卦(世界)がガラリと変わります。
【大死一番乾坤新たなり】
大死は自我の死です。
自己チューを失くせば(忘我・無私)
コンプレックスが解消できます。
文化のなかに
こころのケアが自然に
何気に組み込まれており
不思議なことに
トキが呼応しているのです。
 ―ユングなら共時性と言うかな?
 科学では解けない問題ですネ。
$PTSD研究家翠雨の日記
トキさん(象徴としての)を信じて
少年ジャンプ!ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。