PTSDを否認するから阪神淡路大震災被災者のトラウマまで疼く

未曾有の混乱に
マスコミも混乱していますが
 ―★トラウマ映像反復放映
  ★こころの傷に土足でインタビュー
  ★PTSD性解離失言
世論に正され
修正しながら
成長中です。
緊急事態に向き合う人には
PTSDの知識は常識中の常識です。
 ―放送事故はどれも
 PTSDを知っていれば
 防止できたことです。
 なぜ阪神淡路大震災でこころのケアをした
 臨床心理士が
 それを教えないのか?
「連日の報道で
封印した痛みが
出てきそうなので
あまり見ないようにしています」

16年前
神戸で
阪神・淡路大震災に遭遇した方の
つぶやきです。
16年前から今日まで
PTSDを学ぶべきときに
学んでこなかったから
被災者は
トラウマ
(封印した痛み)をそのままにしており
新しいストレスに傷ついて
いるのです。
 ―心的外傷後ストレス障害
  未治療なら生涯
  ストレスに弱い人たちです。
こんなことを繰り返し
ストレスに弱い人ばかりが増えれば
この国では
まともな学問ができず
国が衰退してしまいます。
  
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です