斉藤環先生「社会的うつ病には人薬」ですって!

$PTSD研究家翠雨の日記
軽症なのに
なかなか治らないとか
怠けるつもりはないのに
どうしても動けなくて
服薬と休養だけでは
回復しない「新しいタイプ」の
うつ病
のことらしいです。
 ―このブログでは
  PTSDと考えています。
「自己愛」が発達する過程に着目し
 ―PTSDがこんなに増える前は
  乳幼児期の
  愛着障害による
  精神障害が多いと考えられていたのです。
  乳幼児期ですから
  後天的な問題ですね。
  うつ病とか統合失調症は
  発達障害は除外されます。
 
  原因がありますから
  治療も可能です。
  投薬と休養ではなく
  表現と分析が治療
になります。
これまで見落とされがちだった
“人間関係”と“活動”の
積極的効用を説いているそうです。
 ―見落としたとは巧妙な!
著者は斎藤 環
1961年
岩手県生まれだそうです。
ラカンの精神分析なんかも
お勉強されてますが
最近まで
それを忘却なさっていたのですかね。
震災ショックで
 ―年末からの
  PTSD復活までに書かれていたものの
  出版社で留め置かれていたか?
  (想像ですよ、想像!)
  
出版となりましたクラッカー
今までは
うつ病と書かないと
相手にされなかったと思うけど
これからは
PTSDと書いた方が
わかり易いから
売れると思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です