大震災ショックで裁判所も解離行動?PTSD裁判は確実に変わる

福島県いわき市内の
複数の警察署では
勾留中だった容疑者が
処分保留で
31名
釈放されていたようです。
 ―殺人など
 裁判員裁判の対象となる
 容疑者は含まれておらず
 強制わいせつや
 覚醒剤取締法違反など
ちなみに
岩手県警は
警察署に留置・勾留していた容疑者
十数人を地震直後に
内陸側の警察署に移送しています。
恩赦ではないですしね。
早まったということは
ないですかね。
ショックや不安で
早まった行動をとるのは
【解離】です。
警察は
もともとストレスフルな
現場ですから
解離事件は多かったですね。
そして
警官が勝手に逃がしたのではなく
裁判所の判断ですからね。
裁判も確実に変わるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です