震災ショックが「渋谷セレブ妻バラバラ殺人事件」までPTSD事件として蒸し返す

グーグルニュースを見ていたら
SYZO WOMANに
突如出てました。
2006年12月12日早朝
32歳女性が
年収1億円とも言われる
外資系企業に勤める
エリートサラリーマンの夫を殺害
遺体をのこぎりで切断し
路上や公園に遺棄した事件です。
当時は
わがまま扱いで
終わってましたが
PTSDを完璧に意識した
筋書きの
見解が示されています叫び
多重人格      ←PTSD
☆ブリッコ丸出しの「カオリン」人格
☆女優の小雪似の美貌
☆センスのよい法廷ファッション
☆風俗で働く人格
☆凶悪犯罪者    など
原因は
★幼児期の父親からの虐待
 
 父親は彼女を折檻し
 独善的に支配者のように振る舞いながら
 ステイタス偏重の人生観を押し付ける
   ―心理的影響があると
   後に鑑定医が明かしている。
 恐怖による【条件づけ】です。
 中学時代の同級生は
「大人びていて
 プライドが高く
 一段上に立って
 周りを見下ろしているような人だった」  
 ―高飛車な性格は
 虐待の後遺症
ですね。
  やわらかなこころにしっかり
  刻印されています。
挫折連鎖の魔境
父親の望みどおり
客室乗務員になろうとしますが
挫折します。
 ―能力も美貌もありますし
 努力家なのに失敗するのは
 無意識が邪魔したのでしょう。
 『本当に客室乗務員になりたいの?』
父親のよき娘であるためには
客室乗務員としてエリート男性と
出会わねばならないので
 ―状況より幻想に生きさせられている。
ストレス回避のため
さまざまな人格を作り出します。
☆派遣OL時代にブリッコ演出の人格
 
 ―躁的防衛が
 いつのまにか定着
☆「丸紅勤務」と経歴詐称の人格
☆風俗で働く人格
 ―これらはさらに新たな人格による
  サポートを必要とするでしょう。
何が何かわからなくなってきた上に
 
虐待を受けてますと
DVも引き寄せますしょぼん
★夫のDV
 風俗で働きながら
 婚活していた矛盾により
 破談したころに          ←展開速すぎ!
   ―いくら自分のせいとわかっていても
    またもや父の娘になれなかったショック
(殺害された)夫と出会い
妊娠が発覚し入籍
高飛車な人格が邪魔をし
懇願する夫を無視し堕胎したので
 ―入籍の意味がない。
 場当たり的な行動が
 相当ひどくなって
 混乱している。
 
夫はキレて
1週間後
暴力夫となった。

 ―ショックで変貌したのですから
  夫もPTSD
斜め読みしただけでも
PTSDの教科書みたいな
凄い内容がある事件だったのですね。
裁判の流れも変わるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です